Aine Eva Nakamura

Poem/thoughts

私は現在、ニューヨークシティ・エレクトロニックアクースティック・ミュージック・フェスティバルに出演する為に、
ニューヨークに滞在している。この後は日本で夏を過ごし、秋前にまたニューヨークに戻ってくる。

昨晩、就寝前に、辺見庸さんの『もの食う人びと』を読んだ。
前から少しずつ読んでいて、渡米してから一度も読んでいないことに気づき、手にとった。

あとがきを読んでから、
愕然としてしまった。

『もの食う人びと』は、タイトルをテーマに旅をした辺見さんのルポタージュである。
私は、私の旅を思い出した。
旅は旅でも、今の旅のことではない。

2002年2003年、私は、故村井吉敬教授のゼミに入っていて、
フィールドワークと称して、フィリピンと、タイを旅した。
当時私は、ECPAT ストップ児童買春の会というNGOにも入っていて、
「子ども」や「教育」を考えることをテーマとしていたので、
「子ども」がフィールドワークのテーマだった。
フィリピンでは、
マニラ近郊、スラム、スモーキーマウンテン(人びとはごみ集積所に暮らしコミュニティや学校を作っている)、
地域のエンパワメントグループ(劇を通して、子どもの権利を考えたり訴えたりする、地域に根差したグループ)を、
タイでは、
バンコク近郊(といっても車で5、6時間くらい)の虐待を受けた子ども達が暮らし教育を受けているバーンロムサイ、
チェンマイから山奥に入った白カレン族の村、
エイズ患者の施設、ストリートチルドレンの為のNGO、
村人達による村人達の為のNGO(当時は主に昔ながらの農業の継承や少数民族の言語の継承に取り組んでいた)、そして路上を
まわった。
白カレン族の村には数日ベランダに住まわせてもらった。ゼミの先輩、故前田さんも研究の為訪れた村である。


私は、
すぐに思い出せなかった。


あの甘えん坊の男の子の目、あの女の子の声、
人びとの生き様。

すぐに思い出せなかったのだ。


今でもはっきり顔を思い出せない。

それで愕然とした。



私は、当時の旅で、日本に暮らし大学に通い生ぬるい環境から社会を見つめていた自分の愚かさを知り、
同時に、人びとの光や生というものを、まじまじと見て聞いて触れたのだ。



当時、専門性のなかった私は、友だちになること以外どう関われるのかと、自分の無力を感じると同時に、
少しコミュニティで歌ったりする機会もあった。
故村井先生にも、旅立たれる前の新年会で讃美歌を歌うことができ、また、納骨式でも、パートナーの内海愛子先生のご配慮で歌わせていただいた。


小さな声で、ともしびと共にあって、うたう、という時。




フェスティバルで演奏する作曲は、
『6 stories』といって、ニューヨークの内部者であり外部者である体験、移民体験、考えを語るものである。
この移民は、全てが一気に作られてはゼロになり日々が生まれ変わりのようなニューヨークの地で、自分自身と繋がる為に模索する。
家族を皆のこして、しかし、引き連れる思いで。
私は、ちょっとこの曲の取り組み方を考え直さなければならない。

明日はリハーサル。本番は、17日火曜。



私が恐れるのは、もう「アメリカ」ではない。


私が恐れるのは、私の忘却である。



What I am afraid is not "America" anymore.
What I am afraid is my forgetting.




I am staying in my place in Queens to perform at New York City Electroacoustic Music Festival that will take place from next week.


Last night, I read a book "Mono kuu Hitobito (people who eat)" by Yo Henmi.

I realized that I haven't read the book since I came to NY and started reading the rest.
The book is a reportage of his trip around the world in the theme of people and foods.

I was shocked.

I was shocked that I could not remember the faces of people I had met in my journey.

My journey in the Philippines and Thailand.


I was in a South East Asia Seminar directed by late Professor Yoshinori Murai,
and traveled the Philippines and Thailand for fieldworks in 2003 and 2004.
I was also in ECPAT, an NGO against child prostitution. My themes were children and education.
In the Philippines, I traveled Manila, villages and slum area, smoky mountain (People live at garbage collection point and make a community.), and
community-based group for and by children (They think and talk about children's rights through theater.).
In Thailand, I traveled around Bangkok, Ban Rom Sai where children who had been abused live,
mountain villages of white and red Karen people northwest of Chiang Mai,
facility for people with AIDS, NGO for street children,
NGO by and for minority villagers (Then, people were working on succession of old way of agriculture and their languages.), and
the streets of Chiang Mai.
I and my three friends stayed at a deck of a house in a white Karen mountain village for a few days. It is the village where late Maeda-san also went.


I could not remember immediately

The eyes of that boy, the voice of that girl, the way people lived.

I could not remember.

The faces are still not clear to me.
And I am shocked.


Through the journey back then, I noticed my foolishness of thinking about the society from a point of a very safe and spoiled environment in Japan
and, at the same time, through the journey, saw and listen to the people's lights and lives.


While I felt powerless for not having a specialty like medicine but the only thing I could do was to become friends,
I had some opportunities to sing in the communities.
I also sang in front of late prof. Murai at a New Year's party before he passed away.
His partner Professor Aiko Utumi also gave me an opportunity to sing at his cinerary ceremony.


Quiet moment of a song in a small voice... with and by people's lights.



The composition I will perform at the festival is called 6 stories.
I will perform the piece with Madeleine Shapiro, cellist and festival's featured artist.

I wrote about the experiences and thoughts of an insider and outsider to NY, immigrant stories.
This immigrant in the stories fights to connect with her inner self in this city
where everything is created all at once and then becomes zero the next day, where everyday is a new day.
She leaves her family across the ocean but tries to perform as if she brought them all in heart.


I need to rethink how to perform this composition again.


Tomorrow is a rehearsal. Performance is on the 17th, Tuesday.



What I am afraid is not "America" anymore.
What I am afraid is my forgetting.


RSS feed